自転車置き場のお悩み解決!物置小屋で快適な自転車ライフを楽しもう

自転車置き場

自転車ブームの影響で、以前よりも多くの方が自転車を所有するようになった今、多くの自転車ユーザーが抱えている「自転車置き場」のお悩み。

この記事では、自転車置き場のお悩みを解決できるアイディアをご紹介しています。もしも今あなたが自転車置き場でお困りなら、ご参考にしていただければ幸いです。

目次

多くの自転車ユーザーが頭を抱える自転車置き場の悩み

自転車は案外大きくて置き場所に困る

使ってみて一番実感するのが自転車の大きさ。一台だけでも玄関や室内の場所を結構取ってしまう上、外で使うものだからこそ汚れも気になります。家族で数台の自転車を所有している場合、もはや家の中では限界があります。

完全にインテリア目的の自転車で、仕様頻度が年に2-3回であれば室内で壁掛けにしても素敵だけれど、日常的に愛用するのであれば現実的ではありません。

雨に濡れるとサビの原因に

自転車はパーツが錆びることが懸念されるので屋外での保管は避けたいところ。雨ざらしにしてしまうと錆のトラブルが頻繁に起こることが予想されるので、屋外で保管する際には防水シートのようなカバーをかけておくのが一般的なようです。

玄関先やカーポートなど屋根の下に置く場合は、風を伴う雨で濡れてしまわないようにカバーを掛けておきます。

紫外線も劣化の原因になる

紫外線も劣化の原因になるようです。

そもそも自転車は屋外で使用するものなので過度に意識する必要はなさそうですが、より綺麗で長く大切にするのであれば考慮しておいてもいいのかもしれません。

雨の場合と同じように紫外線カットのカバーをかけておく保管方法があります。

防犯

最近では高額な自転車が増え、盗難被害も大きな問題になっています。

家の中に置くのは狭くなってしまうし、家の外に置くとやはり心配がつきものです。

自転車置き場のお悩みを解決する屋外収納、物置小屋が見直されている

用途に合わせて使いやすいものが選べる

物置小屋と一言で言っても、選択肢はとても様々です。物置選びで特に重要なのがサイズの選定で、1台用の保管庫から数台入れるための大きなものまで用途に合わせて幅広い選択肢の中から決めます。サイズ選びのポイントは、設置場所のサイズをしっかりと測っておくことや自分がどのように使いたいかを書き出して整理すると決めやすいです。

保管時には雨や紫外線から守れる

物置小屋には屋根や壁があるので、保管時に雨や紫外線から守ることができます。物置の屋内には結露が発生する為、換気のために窓を取り付けたり湿気取りを置いて保管するのも人気です。また、最近では自転車に関連するパーツなどを一緒に保管して自転車ガレージとして使うのも人気です。ただし、物置はスチール製のものが多いので夏期には屋内が高温になることが予想されます。火気の可能性があるものは保管しないようにしましょう。

防犯対策

屋外保管に比べ、敷地の中で施錠ができる保管庫という面で防犯対策としても人気が高くなってきています。

多くの物置はプラスドライバーで止めることができるビスで組み立っています。もしも「それも心配!」という場合は、リベットでネジ頭を潰す方法もあります。ただし、リベットを使うと取り外しができなくなるので小屋のメンテナンスをしたい人や場所移動の可能性がある場合は避けた方が良いです。

自転車置き場以外の用途でも使えて便利

案外多いのが自転車置き場として購入した物置小屋を母屋の収納スペースにもして暮らしが快適になったとか、小屋で自転車ガレージを作るのが趣味になったという声。便利を求めて購入した方達が、暮らし全体が改善したことが人気の理由かもしれません。

大切な自転車を保管するのにオススメのおしゃれな物置

大切な愛車を保管するなら、小屋にもこだわりたい。

自転車置き場だけでなく、キャンプやスノーボード・釣り道具なども収納できる秘密基地を作りたい。

そんな皆様に選ばれるオーストラリア生まれのおしゃれなユーロ物置®です。

自転車置き場にするならユーロ物置®が人気

スペースセーバー2308K1

ユーロ物置
  • 小屋が場所を取らない
  • シンプルでスマートな近代的なデザイン
  • 縦置きで収納されていることが多い
  • 小物類もおける
  • 都会や住宅地で人気

この物置の詳細を見る

フロントエントリー3029F2

ユーロ物置
  • 数台収納できる広さが人気
  • 二枚扉なのでお子様も使いやすい
  • ファミリーに人気
  • 広々とした奥行きで自転車をそのまま出し入れできる
  • 実際にこの物置小屋の中でトレーニングをしているオーナーもいる(ちなみにそのオーナーのインタビュー記事はこちら

この物置の詳細を見る

フロントエントリー3022F2

おしゃれな物置
  • 3029よりも一回り小さなサイズ
  • 自転車が趣味の人に人気
  • 自転車以外の趣味のものも十分置ける

この物置の詳細を見る

バイシクルキューブ1530SQ1

ユーロ物置
  • 自転車ガレージとして使いたい人に人気
  • 四角いデザインなので高さを活かした収納ができる
  • コンテナのような見た目がかっこいい

この物置の詳細を見る

バイシクルキューブ1523SQ1

ユーロ物置
  • 1530SQ1の一回り小さいサイズ

この物置の詳細を見る

実際の使用感

実際にユーロ物置®を使用しているオーナー様の写真をご紹介します。

まずはバイシクルキューブ1523SQ1を使用した自転車置き場です。自転車2台を置いてもまだ余裕があるので、簡単なメンテナンスも小屋の中で行えます。壁にタイヤのストックを置くとレイアウトとしてもおしゃれです。

自転車置き場
バイシクルキューブ1523SQ1を使った自転車置き場

続いては、バイシクルキューブ1530SQ1を使用した事例です。中に見える木の骨組みは耐久性を向上させる別途オプションの補強キットです。これを利用して自転車を壁掛け収納しています。こちらのオーナーは自転車置き場兼趣味の道具のメンテナンスを物置小屋の中で行うので、小さな机や棚でガレージ感が出ています。

ユーロ物置
バイシクルキューブ1530SQ1を使用した自転車置き場

続いてはフロントエントリー3029F2を使用した自転車置き場です。ご覧の通り、物置のスペースがかなり広々としているのでソファを置いて寛いだりするのも人気の使い方です。

自転車置き場
フロントエントリー3029F2

こちらもフロントエントリー3029F2を使用した自転車置き場です。

完全に自転車置き場として物置小屋を使用している例で、タイヤのストックや細かなパーツまで全て小屋の中で完結させています。自転車はレイアウトよりも利便性重視の置き方なので、日常使いに最適。自転車置き場メインで使用する場合はオススメです。

自転車置き場
フロントエントリー3029F2を使用した自転車置き場

ユーロ物置®の入手方法

ここまでご紹介してきたおしゃれなユーロ物置®。実際どうやって手に入れるの?その方法をご紹介します。

ユーロ物置®のご購入はオンラインストアから。工事の依頼もオンラインストアからできる

ユーロ物置®はオンラインストアからご購入いただけます。日本で取り扱いをしている全ての品番やカラーがオンラインストアから手に入るのでとても便利です。ユーロ物置®のオンラインストアの他にも、楽天やアマゾンでも手に入れることができます。ポイントなどを活用する場合にはそちらの店舗で探してみるのもおすすめです。

お得な情報としては、ユーロ物置®オンラインストアからは在庫がない商品でも予約注文をすることができます。と言うのも、ユーロ物置®は定期的にオーストラリアから日本に入荷されていますが、人気の高い商品だと入手が困難です。そんな時、直販のオンラインストア限定で予約注文をすることができます。これは、次に入ってくるコンテナの在庫から自分の分を抑えておくことができるシステムです。

また、現在日本に在庫がない商品をピンポイントで自分用に取り寄せることも可能です。予約よりは時間がかかってしまいますが、欲しい物置が確実に手元に届きます。

直販のオンラインストアはユーロ物置®の日本輸入元である株式会社イープランが運営しています。イープランは一級建築士事務所ですので、物置の組立工事にも日本全国対応しています。設置についても相談することができます。

ユーロ物置®のオンラインストアはこちら

全国のユーロ物置®ストアさんから購入する

オンラインストアの他にも、日本全国のユーロ物置®ストアさんから購入する方法があります。これはいわゆるユーロ物置®の取扱店です。ホームセンターで取り扱っていたり、インテリアのお店、住宅メーカー、お庭屋さんなど幅広いお店で取り扱いがあります。組立工事も一緒に依頼できるお店もあるので、全て一つの会社に依頼することで窓口がまとまり便利です。

ユーロ物置®ストアさんでもご予約やお取り寄せに対応できます。まずはあなたのお住まいの地域のユーロ物置®ストアさんを探してみましょう。

ユーロ物置®ストアさんを探す

物置小屋で自転車置き場のお悩み解決!より豊かで快適な自転車ライフを楽しもう

いかがでしたでしょうか。

自転車置き場の悩みを解決して、自転車のある暮らしをより豊かで快適にしていきましょう。

自転車置き場

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる