これからの季節に気になる!ユーロ物置®︎積雪対策について

ユーロ物置

皆さんこんにちは。イープランです。

段々と肌寒くなり冬の気配を感じるようになった昨今。冬を乗り切るために長野県にあるイープランでも暖房器具を出し、冬を乗り切る支度を始めました。

ということで!今年も設置するにあたって気になるユーロ物置®︎の積雪対策についてご紹介します。

ユーロ物置®︎の耐雪強度について

オーストラリアからやってきたユーロ物置®︎は5種類のデザインをご用意しております。各デザインごとに積雪対策の方法が異なります。積雪が気になる地域にお住まいの方は、ご検討頂いている品番の積雪対策をご覧いただき、心配な場合にはオプション等でプラスアルファの積雪対策をおすすめしております。

積雪を乗り切るためにやっておきたい事前の対策

海外製品であるユーロ物置®︎を日本の気候に適応させるためや建築基準を満足させるために日本独自のオプションキットを各種ご用意しております。標準の耐雪強度とオプション商品を使用した際の耐雪強度をご覧いただき、ご自身に合った事前の対策を選んで頂くことが可能です。

各シリーズごとの積雪対策

それでは、早速各シリーズごとの積雪対策について詳細をご紹介していきます!

フロントエントリーシリーズ

ユーロ物置

標準耐雪強度

品番耐雪強度
1514F1100cm
2314F150cm
2322F130cm
3014F240cm
3022F224cm
3029F220cm
3037F220cm

プラスアルファの積雪対策

スノーキット

「フロントエントリー」には、屋内に取り付ける別途オプション「木製スノーキット」がおすすめです。物置の屋内に木製の骨組みを取り付け、積雪を支えます。木製スノーキットは2本から設置することができ、設置する場合には基礎をコンクリートにする必要があります。 

・資材価格→18,000円/1本 ・施工費→9,100円

品番本数耐雪目安
2314F12本100cm
2314F13本100cm
2322F12本80cm
2322F13本100cm
3014F22本60cm
3022F22本40cm
3022F24本90cm
3029F22本20cm
3029F24本60cm
3029F27本100cm

フロントエントリーを見る木製スノーキットを見る

ワークショップシリーズ

ユーロ物置

10平米以上の大型物置シリーズ「ワークショップ」をイープランでご購入頂くとセットでついてくる「第3節キット」。

本来の目的は、海外製品であるユーロ物置®が日本の建築基準を満足させるために日本独自でお付けしているキットなのですが、別途オプションで積雪対応可能なキットにカスタマイズ出来ます。
10平米以下の4523WK2と4523HK2は別途オプションの第3節キットを積雪仕様にする事が可能です。

標準耐雪強度(第3節キット)

品番耐雪強度
4523WK250cm(オプション)
4523HK250cm(オプション)
4530WK220cm
3045HK250cm
6030WK320cm
6030HK320cm
3060HK380cm

プラスアルファの積雪対策(積雪対応第3節キット)

品番耐雪強度
4523WK2100cm
4523HK2100cm
4530WK2100cm
3045HK2100cm
6030WK3100cm
6030HK3100cm
3060HK3100cm

ワークショップを見る第3節キットの詳細はこちら

バイシクルキューブシリーズ

標準耐雪強度

品番耐雪強度
1523SQ130cm
1530SQ124cm

プラスアルファの積雪対策

ユーロ物置
バイシクルキューブ用補強キット

バイシクルキューブシリーズには、専用の「補強キット」をご用意しています。このオプションを物置の屋内に取り付けることで、耐雪強度の向上が期待できます。補強キットを利用して屋内レイアウトをアレンジしてみても面白いです。

・資材価格→48,500円/1セット4本組 ・施工費→23,500円

品番耐雪目安
1523SQ180cm
1530SQ160cm

バイシクルキューブを見る補強キットを見る

スペースセーバーシリーズ

薄型物置

「スペースセーバー」には、専用の積雪対策がありません。

というのも、スペースセーバーシリーズは780mmのスマートな奥行きが特徴的な商品で、そのままでも比較的積雪に耐えることができます。

下記でもご不安の方はバイシクルキューブと同様にイープランオリジナルの木製キットで強度をあげる事も可能です。詳しくはお問い合わせください。

品番耐雪目安
1508K1100cm
2308K180cm
3008K250cm

スペースセーバーを見るお問い合わせはこちら

サイドエントリーシリーズ

ユーロ物置

2019年に取り扱いを開始した新シリーズのサイドエントリーにも、積雪対策の木製スノーキットをオプションで取り付けることが可能です。

ご希望の方はお問い合わせ下さい。

サイドエントリーを見るお問い合わせはこちら

積雪対策を上手に活用した屋内レイアウト

オプションを使って積雪対策を行う方法をご紹介してきましたが、取り付けた木材を上手に活用した屋内レイアウトをご紹介します!

おしゃれな物置
WORKSHOP3045HK2

こちらのオーナー様は、WORKSHOP 3045HK2に付属する「第3節キット」に合わせて棚を作られたそうです。積雪対策にもなり、おしゃれで便利なレイアウトを作ることも出来るので一石二鳥ですね。

この物置を見る

他にも手軽に積雪対策できる方法

これまでオプション商品を使った積雪対策をご紹介してきましたが、他の方法でも手軽に対策を行うことが出来ます。

積雪対策には、屋根を支えることが重要になってきます。オプション商品では、木材を屋内に取り付けることで屋根を支えていましたが、屋内から屋根を支えてあげることで積雪対策を行うことが出来ます。

スノーキットを取り付けずに、屋内の棚や収納物で物置の屋根を支え、積雪対策としている方もいらっしゃいます。

設置場所に合った積雪対策を行い、安心して冬を乗り越えましょう。

いかがでしたでしょうか。冬の暮らしの中でも、雪かきの道具やウィンタースポーツ用品の収納など屋外収納の物置小屋は、大活躍してくれます。

しっかりと積雪対策をすることで、冬の屋外収納も安心して快適にご活用頂くことができます。

また、補強を行った後も積雪時にはこまめな雪下ろしをお願いしております。積雪時には扉の施錠をしっかり行うことも重要になってきます。

積雪に関するご不明点はイープランまでお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

ユーロ物置®︎オンラインストアはこちら

株式会社イープラン

長野県茅野市米沢3097-10

電話:0120-82-5817

メール:info@eeplan.co.jp

ウェブサイト:https://www.eeplan.co.jp/