ユーロ物置

【新着】ユーロ物置®スペースセーバーの施工写真が届きました!

【イープラン公式サイトはこちら】

こんにちは!

ユーロ物置®の新しい施工写真が届きましたので、ご紹介させていただきます。

置く場所を選ばないコンパクトなユーロ物置®スペースセーバー

今回は、スペースセーバー2308K1の施工をしてきました。

早速お写真をご覧下さい!

ユーロ物置

ユーロ物置

どんな場所にも置けるスマートなデザインで人気のスペースセーバーは、家の裏の狭いスペースはもちろん、最近ではこのお客様のようにお庭だったり、表のメインスペースの目印としても設置させるお客様が増えています。

どこにでも納まるデザイン、どこに置いても恥ずかしくないおしゃれな物置、この条件をクリアするのはスペースセーバーです。

ユーロ物置

色もサイズも選べるおしゃれなユーロ物置®

こちらのお客様は、お庭に設置されたようですが、上質なシルバー色の印象で格好良さも加わり、お庭の片隅がとてもおしゃれになりましたね!

他にも、一番人気の若草色、シンプルで暖かみのあるクリーム、深い青が印象的なかっこいいディープオーシャンを用意しています。

スペースセーバーシリーズのサイズは3種類ありますが、こちらの2308K1は一番真ん中のサイズで、ガーデン用品に加えタイヤなどもしまえるサイズとなっています。

形は日本でも見かける四角い物置ですが、どこか上品なデザインなのがユーロ物置の魅力です。

ユーロ物置シリーズの中でも、比較的安価で手に入るのもスペースセーバーが選ばれる理由の一つです。

ユーロ物置

ユーロ物置

SPACE SAVER(スペースセーバー) 2308K1
・間口(mm) 2260

・奥行(mm) 780

・軒高(mm) 1800 

・最高高(mm) 1950

・広さ(㎡) 1.76(1.07帖)

・ドア寸法(mm) W750×H1800

95,000円(税込)(別途送料17,000円)


ユーロ物置®スペースセーバーの組立方法をご存知でしょうか?

ユーロ物置は自分で組み立てができることを知っていますか?

もちろん、施工は全国どこへでもお伺い致しますが、自分で組み立てることにより大幅なコストダウンになります。DIYにも挑戦できるのがユーロ物置の魅力の一つです。

イープラン公式サイトにも詳しく載せていますが、ここでは簡単に流れを見ていただこうと思います。

  1. 事前に基礎の施工を完了させておく(イープランおすすめはコンクリート基礎、木製床キット)
  2. 説明書を見ながら全ての部材の確認と、どこに使用するのかを確認
  3. ビスの使用を最小限にし、フレームをはめ込む作業、スナップタイトシステム(SNAP TITE®)の確認
  4. ドアの組立
  5. 背面パネルの組立
  6. 側面パネルの組立
  7. 屋根パネルの組立
  8. 前面パネルの組立
  9. ドアパネルの組立
  10. パネルの立ち上げ
  11. 屋根の取り付け
  12. アンカーの固定
  13. 最終工程:ネジキャップをつける

この13工程によりスペースセーバーが完成します!

ユーロ物置

ユーロ物置

ユーロ物置

万が一に備えて杭を打つこともおすすめ!

ユーロ物置は、そのまま置いても大丈夫なのですが、万が一倒れたりしないかと心配になる方もいらっしゃると思います。

このお客様は万が一に備えて杭を打っていますね。

不安なお客様にはこのような対策もできますので、イープランに是非ご相談下さい!


イープランでは、他にも色々な種類のユーロ物置®を取り扱っています。

詳しくはイープラン公式サイトをご覧下さい。

全国どこへでも工事にお伺いします!

お見積もり、カタログ請求も無料ですので、是非お気軽にお問い合わせ下さい!


株式会社イープラン

391-0216

長野県茅野市米沢3097-10

info@eeplan.co.jp

0120-82-5817

EEplan公式ホームページ(http://www.eeplan.co.jp/