大切な物置小屋を大雪から守るための対策方法

こんにちは。イープランの小山です。

イープランのある長野県では早くもマイナスを観測する地域が出てきました。寒いです!

そこで今年もユーロ物置®の最新の積雪対策をご紹介します。

大切な物置小屋を守るためにやっておきたい対策

目次

大型の物置小屋ワークショップシリーズは第3節キットを積雪対応にできる

大人気の大型物置シリーズ「ワークショップ」をイープランでご購入頂くとセットでついてくる「第3節キット」。

本来の目的は、海外製品であるユーロ物置®が日本の建築基準を満足させるために日本独自でお付けしているキットなのですが、

このキットを積雪対策に活かすことができます。

通常仕様の第3節キット

写真は通常仕様の第3節キットです。

別途オプションで、このキットを積雪対応可能なキットにカスタマイズ出来ます。

大型物置小屋ワークショップシリーズの積雪対応価格

 第3節キット資材価格積雪対応資材価格施工費用
4523WK2別途オプション134,000円別途オプション155,000円110,000円
4523HK2別途オプション134,000円別途オプション155,000円110,000円
4530WK2標準装備追加費用30,000円110,000円
3045HK2標準装備追加費用30,000円110,000円
6030WK3標準装備追加費用30,000円150,000円
6030HK3標準装備追加費用30,000円150,000円
3060HK3標準装備追加費用30,000円150,000円

三角の切り妻壁がおしゃれな小屋フロントエントリーには木製スノーキットがおすすめ

三角屋根がシンボルの物置小屋「フロントエントリー」には、屋内に取り付ける別途オプション「木製スノーキット」がおすすめです。

ユーロ物置
フロントエントリー3022F2の積雪時の様子
物置の屋内に取り付ける木製スノーキット

物置の屋内に木製の骨組みを取り付け、積雪を支えます。

木製スノーキットは2本から設置することができ、設置する場合には基礎をコンクリートにする必要があります。

 資材価格施工費用
木製スノーキット18,000円/1本9,100円

四角いコンテナデザインの小屋バイシクルキューブには補強キットで対応

バイシクルキューブシリーズには、専用の「補強キット」をご用意しています。

このキットを取り付けることで、先にご紹介したシリーズと同様に屋内から小屋を支えます。

屋内に見える木構造が「バイシクルキューブ用補強キット」です。
 資材価格施工費用
バイシクルキューブ用補強キット48,500円/1セット4本組23,500円

さて、上記まで3種類のユーロ物置®の積雪対策についてご紹介して参りましたが、

残るもう一つのシリーズ「スペースセーバー」には、専用の積雪対策がありません。

というのも、スペースセーバーシリーズは780mmのスマートな奥行きが特徴的な商品で、そのままでも比較的積雪に耐えることができます。

オーストラリアメーカーでは、なんの補強も取り付けない場合でも、以下の耐雪強度が案内されています。

 耐雪目安、積雪深さ(cm)
1508K1100
2308K180
3008K250

積雪対策をしっかりと行い、長く快適な小屋ライフをお過ごしください

いかがでしたでしょうか。

これからの季節、雪かきの道具や灯油置き場、ノーマルタイヤの保管庫として、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツシーンでも屋外収納の活躍の場が増えそうです。

ユーロ物置®の積雪対策をしっかり行い、快適にご活用ください。

また、補強を行った後も積雪時にはこまめな雪下ろしをお願いしております。

積雪に関するご不明点はイープランまでお気軽にお問い合わせください!

小山

EC部 小山瑞穂

まだ見ぬユーロ物置®の魅力を全力でお届けします!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる