木造ガレージ

ガレージを選ぶ時のポイント5選

大切な愛車を守ってくれる木造ガレージ。いざ「欲しい!」って思っても沢山のサイズやデザインがあって、どれにしたら良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか?そこで今回はガレージを選ぶ時に抑えておきたいポイントをご紹介したいと思います。

こんにちは!イープランEC部の中村です!今回は『木造ガレージを選ぶ時に抑えておきたいポイント5選』と、おすすめの木造ガレージをご紹介したいと思います♪


木造ガレージ公式ホームページはこちら

Point1 / 将来を見据えたガレージの用途を考えよう

木造ガレージは大きいお買い物ですので一度設置したら、長く愛用したいですよね。今後のライフスタイルや家族構成の変化などによっても、車の台数が増えたり、車を買い替えたりと用途が変わってきます。そこで『将来を見据えた用途』を考えてみましょう。
例えば、車庫として愛用される方なら車種や台数によってもサイズが変わってきます。また、車庫の他に物置を付けたり居室を付けたり。用途によりデザインが異なりますので、用途をしっかりと考えてみましょう。

基本形の木造ガレージG-BBです。
このガレージは車二台収納できるようになっております。

このガレージを詳しくみる

泊まれるガレージSleepoutです。
ガレージに居室が付いて休んだりのんびり過ごす方におすすめです。

このガレージを詳しくみる

Point2 / ガレージのサイズを確認しよう

車などの収納物のサイズや用途に合わせてガレージのサイズを決めます。キャンピングカーや船を収納するなら高さのあるガレージにしたり、車を収納する他に物置スペースを造りたい方は広めのサイズにしたり、ビルトインガレージを造りたい方は二階建てや大きいガレージにしたり。収納物のサイズや用途に合わせてガレージのサイズを確認しましょう!

カーポート付きガレージG-PORTです。こちらの写真はカーポート部分にキャンピングカーを入れられるように高さを確保しています。

このガレージを詳しくみる

大空間な木造ガレージG-FACTORYです。
こちらの写真は船を収納する為に施工した木造ガレージです。

このガレージを詳しくみる

Point3 / 用途に合わせたガレージデザインを探そう

用途やサイズが決まったらデザインを考えてみましょう!1台用から数台収納できる基本形のガレージや、カーポート付きガレージ。住宅や居室付きガレージ、二階建てガレージや大空間の車庫・倉庫などサイズや形は様々です。イープランのホームページでは沢山の施工事例をご紹介しておりますので、用途に合わせてお好みのガレージを探してみましょう。

二階建の木造ガレージG-ATTICです。こちらの施工事例は、 一階は向かって左側が車一台用の車庫、右側が物置として施工しました。二階は2つの居室があります。

このガレージを詳しくみる

住宅にガレージがついた【住宅】Fine American Homesです。 新築住宅を購入する程度の額で木造ガレージが付いてくる、という感覚に近いです。

このガレージを詳しくみる

Point4 / 別途オプションも確認しよう

木造ガレージは車を収納するだけではなく、メンテナンススペースとして使用したり、趣味空間として使用したり、居住空間として使用したりと、屋内で過ごされる方が多いですよね。そこで木造ガレージの屋内でも快適に過ごす為、ガレージドアやドアモーター、照明やトイレ・キッチンなど。ご自身の用途に合わせて、どの設備を取り付けるか考えてみましょう!

ガレージドアとモーターです。
人気の高い木造ガレージの別途オプションです。

オプションを詳しくみる

お風呂とトイレが設置された施工事例です。
木造ガレージにトイレやお風呂などの設備をつける事で、より快適に過ごせます。

設備について詳しくみる

Point5 / 一級建築士に相談してみよう

用途やサイズなどある程度のデザインが決まったら、イープランの一級建築士に相談してみましょう!イープランの木造ガレージは全てオーダーメイドですので、お客様の設置場所や用途、お好みのデザインに寄り添って、より使いやすい木造ガレージをご提案させて頂きます。
お問い合わせ・お見積もりは無料です!お気軽にご相談ください♪

お問い合わせ・お見積もりはこちら