ユーロ物置®︎サイドエントリーのおしゃれな飾り方

せっかく置くなら詰め込める箱を置くだけじゃな..と思っている方におすすめ!物置の向きや見え方も考えさせられるサイドエントリーをご紹介します。

ユーロ物置®︎の見え方

物置はどこにどんな向きで設置しようとお考えですか?
この製品をよくよく見ると深いなぁと思ったのでご紹介していきます!

フロントエントリーの見え方

これはユーロ物置®︎で人気の高いフロントエントリーの施工例です。

2314F1 若草
ドアがある方=三角屋根が見える方
2314F1 ウッドランドグレー
ドアのない方=三角屋根は見えずすっきりして見える

見え方の印象はかなり変わりますね。
誰に向けて、何を見せたいかで物置の向きを以下で考えていきましょう!

サイドエントリーの見え方

サイドエントリーの魅力は他の物置とドアと三角屋根の位置関係が違うこと!

では上のフロントエントリーと同じようにドアの見える方と見えない方でご紹介していきます。

3023GK2 シルバー
3023GK2 シルバー

気がつきましたでしょうか。フロントエントリーはドアと三角屋根の方向はセットでしたが、こちらのサイドエントリーはドアの見える方と三角屋根の見える方は別々になっています。

物置屋根の見え方による印象の違い

サイドエントリーは三角屋根は残したまま、側面パネルが屋根もでスッと伸びる一枚板で、側面側に扉がついていますので扉側から見るとシンプルに見えるシリーズとなっています。

3023GK2
3023GK2

サイドエントリーの大きさ

ドアのついている方=W 三角屋根が見える方=D H=高さとしてご紹介していきます。

W=1520mm/2260mm/3000mm
D=1520mm/2260mm/3000mm
H=1950mm/2000mm/2100mm
で組み合わせを変えた9種類の展開があります。
設置したい場所によって同じデザインで選ぶことができますし、
扉も1枚の品番と2枚の品番をご用意しています。
入れるものなど用途に合わせてお選びいただけます!

施工事例

3015GK2 W3000mm×D1520mm×H1950mm

3023GK2 W3000mm×D2260mm×H210mm

2323GK2
W=2260mm×D=2260mm×H2100mm

いかがでしたでしょうか。扉がついている方向が違うだけで印象がガラっと変わりシャープな印象になりましたね!
どちらの向きを見たいか、見せたいかで設置していただく向きも変わってくるかと思います。
2323GK2は近日ボード用品の収納やメンテナンスの動画を公開予定です!!
実際人が入って作業や収納する様子が見られますので見え方のヒントにもラルので是非楽しみにしていてください!